2018年8月4日(土)、関東に在住する北九州・京筑地区の高校同窓の交流を行う「謝志会(しゃーしーかい)第13回納涼祭」が、東京湾クルーズ:ヴァンテアン号で開催されました。福岡県人会事務局長田島様の他、北九州市役所から副市長梅本様、東京事務所長池永様及び同副所長正野様並びに行橋東京事務所長森様にも御参加頂き、北九州・京築地区を中心に県内20校106名が集いました。本校津苑会東京支部からは五味支部長、長谷川顧問を筆頭に7名(他、川口副支部長、星野常任幹事、広瀬常任幹事、出町常任幹事、28期・高橋喜代枝さん)が参加しています。

会場は、ヴァンテアン号船内フレンチレストラン「リヴァージュ」、暮れゆく東京湾を船は静かに出港し、会は木村謝志会会長の御挨拶を皮きりに始まりました。梅本副市長に北九州地区の近況などと共に御挨拶を頂いた後、皆で乾杯、小倉商業ご出身の吉岡リリーさんの軽やかな歌声を拝聴しながら、東京湾の夜景を楽しみました。食事も非常に美味しかったのですが、デッキに上がって潮風にあたりながら、歓談するのも非常に楽しく、あっという間に時間は過ぎていきます。話題はやはり故郷のこと、年齢も学校も様々でしたが、意外に共通の知人や自分たちにとってのランドマークへの思い等、話がはずみます。各校同窓会代表の挨拶が行われ、最後に全員で「謝志会賛歌」を斉唱、謝志会と北九州・京筑地区のますますの発展を祈念して和やかに幕を閉じ、散会しました。

ここで参加校を紹介しておきます。門司高校、育徳館高校、築城中部高校、京都高校、小倉高校、小倉商業高校、小倉西高校、西南女学院高校、戸畑高校、ひびき高校、戸畑工業高校、八幡高校、八幡中央高校、九国大付属高校、東筑高校、若松高校、若松商業高校、中間高校、八女高校及び田川東高校です。
参加されたことがない皆様も来年はぜひ参加してみてはいかがでしょうか。
高校30期 出町 登記